「広い」リビングって、必要?

広いリビングに、ゆったりフッカフカのソファでくつろいで、テレビを見たり本を読む。
いいですねぇ(*´∀`)。
ワタシもそんな寛ぎ時間、大好きです。

、、、でも、結局、うたた寝してしまってません?(笑)
家族みんな、でなくても、
ご主人と奥さん、ふたりともが、ゆったりゴロゴロなんて、できるソファ、
すごく大きなものが必要ですよね。

現実には、家族のうち先着1名がそのソファを占領して、
その他のメンバーは、床にペタンとすわって、ソファを背もたれにする。
なんならそのソファには、取り込み終わった洗濯物やら何やらがダランと掛けられていて、
ソファの背もたれは、コートハンガー化している、、、、

なーんて、よくありますよね。

大きなソファーは、家具屋さんの広い空間でみるときよりも、
家に持ち込んでみると、デカく感じます。ホントに、デカくなります。
「広いリビングにしたはずなのに、なんか、狭いよねぇ・・・」
ってなっちゃいます。

どーしても、そのデカデカのフカフカソファが欲しければいいのですが、
ただ、「リビングでゆったりダラダラしたい」ってのであれば、
そのデカデカ・フカフカソファ、諦めるってのも、選択肢の一つだと思うのです。

リビングでは、床でゴロゴロスタイル。(冬はコタツ。とかね。)
というコンセプトにすると、意外とそんなに広いリビングは必要ないかもしれませんね。